病院紹介

沿革

 青木病院は、初代院長である青木義作が、1945(昭和20)年に青山の地に青木神経科を開業したところから始まりました。青木義作は、歌人斎藤茂吉の従弟にあたり、北杜夫の著書「楡家の人々」のモデルとなった青山脳病院の副院長として、斎藤茂吉院長を補佐し、大正末期から終戦までの困難な四半世紀を患者さんと共に過ごしました。この経験と実績を踏まえ、青山脳病院の廃院の際に独立した経緯があります。
 青木神経科はその後、有床診療所となりますが、運動場を有する病院設立を求めて、1962(昭和37)年11月に、現在の調布市に青木病院を開設いたしました。青木神経科は、現在は青木医院として、当時と同じ場所で診療を続けています。


 

1945(昭和20)年 11月

東京都港区の青山に「青木神経科」開設

1954(昭和29)年  

19床の有床診療所となる

1962(昭和37)年 11月

東京都調布市に「青木病院」開設(70床)

h p 01

1963(昭和38)年 12月

医療法人社団認可  理事長 青木義作 就任

1965(昭和40)年 11月

病棟増築 総病床数216床

1970(昭和45)年 4月

心理室設置

1973(昭和48)年 6月

病棟増築 総病床数283床
h p 02

1982(昭和57)年 1月

病棟増築 総病床数338床

1988(昭和63)年 9月

理事長 青木典太 就任

1994(平成6)年 8月

精神科デイケア開始

1995(平成7)年

4月

介護老人保健施設 グリーンガーデン青樹 開設(90床)

12月

335床に登録変更

1998(平成10)年 3月

精神科作業療法開始

2000(平成12)年 4月

居宅介護支援事業所 せいじゅ 設置

2001(平成13)年 9月

在宅介護支援センター せいじゅ(現 地域包括支援センター) 設置

2003(平成15)年 2月

新病棟建設着工

2004(平成16)年 5月

新病棟建設第一期完了

2005(平成17)年 7月

新病棟への引越完了 精神科270床(うち認知症治療病棟50床)

11月

内科合併症病棟(50床)運用開始

12月

院内売店営業開始

2006(平成18)年 3月

新病棟建設 完了

h p 03

2009(平成21)年 12月

理事長 青木浩子 就任

2015(平成27)年 9月

認知症疾患医療センター 開設

2017(平成29)年 4月

病院長 飛鳥井望 就任

東京都調布市の精神科を中心とした病院です。認知症治療病棟・内科合併症病棟・ストレスケア病棟もございます。


医療法人社団 青山会
青木病院

精神科・心療内科・内科

042-483-1355(代)

診療日

創立記念日(11/1)・年末年始(12/29~1/3)は休診となります。

初めて受診される方へ

詳細はこちら

初診受付時間

■精神科(原則予約制)
午前9:00~11:30 午後1:00~3:00

■内科(要事前連絡)
午前8:30~11:30 午後1:00~3:30

アクセス

〒182-0035
東京都調布市上石原3-33-17
京王線西調布駅より徒歩12分

地図 地図

地域連携型認知症疾患医療センター スタッフ募集 看護部紹介 スタッフブログ あおき日記